Soap

Handmade Soap 手作りの石けん

石けんが大好きです。 ぽつんと置かれていれば、「香りのするただの固まり」なのに、いったん水を含むと、フワフワの泡が出るという不思議なもの。

これまでも、本を見ながら工夫をして、たくさんの材料を無駄にしながら石けん作りをしてきたのですが、なかなか思い通りの石けんが作れないでいました。

以前、ドイツに住む知人から、手作りの石けんを作っている話を聞いたのは、もう20年以上前のこと。そのときに初めて、「石けんが家庭で出来ること」を知りました。キッチンソーパーの先駆者である前田京子さんのご本が刊行されて、本を手にし、試行錯誤の石けんづくり。化学の専門の友人から「そのやり方、間違ってるよ。。」という指摘を受けながらも、地道に石けんを作っていました。

一時期、友人達に「石けんの先生を知らない?」と聞いていたのですが、誰もいず。
それがこの度、出会うことが出来たのです。それも本当にしっかりとした先生に。

今日は、待ちに待った「石けんレッスン」です。場所は広尾。
朝からみぞれ混じりの冷たい日でしたが、いそいそと出かけました。
先生は、「手作りせっけん 野乃屋」の野口先生です。

石けんの構造や、鹸化のこと等詳しく教えていただけて、またずっと分からないでいた、本には載っていないナゾの数々も、ひとつひとつ丁寧にお教えていただけて、本当に貴重なレッスンでした。ありがとうございました。

椿油をベースにした石けん作成中。こうしてクルクルと。。
Handmadesoap2008febweb1

次の日にカット。ハチミツ入りの為に色が濃いめです。
Handmadesoap2008febweb2