Boulangerie パン

イーストを使った蒸しパン

イーストを使って発酵させた蒸しパンです。

2時間という制限で、パンを捏ねて、夏のお野菜をカットして、それぞれ一人ずつ自分用のコブサラダを作りいただくという夏休みのレッスン。

何度も試作をしながら、今年の夏、小さな生徒さんたちとのレッスン、楽しみにしています ribbon

Flogssteamed_breadweb1

Flogssteamed_breadweb2

2012年 8月のレッスン。。

ロンドンはオリンピック・イヤーと、エリザベス女王の即位60周年「ダイヤモンド・ジュビリー」が重なり、賑やかそうですね。

イギリスには皆に馴染みのあるキャラクターが多く、機関車トーマス、ピーターラビット、シシリー・メアリー・パーカーの妖精たちなどなど、私も大好きですheart04

料理については、うーん。。美味しいものが少ないと云われていますが、今年の夏は、夏野菜を使ったパスティを選択。ショートクラストも夏バージョンでバターを減らしました。

焼いている間に、コーニッシュ・パスティの歴史を伝えました。パスティは産業革命を支えた鉱山でのランチから誕生し、イギリスの歴史にも深くかかわっていて興味深いです。

翻って、『パスティ税』のこと。
イギリスは食料品には低率課税ですが、日本同様、財政難。
VATの軽滅税率は生活上必要な食料品やコールド・フードなどに適用され、贅沢と見なされる外食には20%の課税impact

キャメロン政権は、フィッシュ&チップス同様、パスティにも20%の課税dollarをするということで一時話題になりましたが、世論には勝てず撤回。

日本でも消費税を上げるなら、食料品には低率にしてほしいな、と思います。

2012pastyweb1

ある日のランチ。。

ランチ、ご一緒させていただきました。

PAiN et GOHAN

粉が美味しくて、素朴だけれど本当に何を頂いても美味しい。大好きなお店ですheart02

店主との話はネコのこと。招き猫は愛猫に良く似ていますheart04

Painetgohanweb1

キャベツのスープに芋ブタのソテー
Painetgohanweb2

パンの買い方

大好きなフォートナム&メイソン、ジョアン、ビゴだったり、それからロブション。。

上記のお店で、よくお目にかかるご家族がいます。ご夫妻と、高校生くらいの男の子。
決まってご主人が奥様に「何にする?」とパントリーのウィンドウに到着する直前に尋ねます。

奥様「ベリーのディニッシュと。。」(小さな声で)
ご主人「きのこのキッシュ」(大きな声)
奥様「アナナスの。。」(小さな声で)
ご主人「ベーコン・エピ、ヤマグリのディニッシュ」(大きな声で)
奥様「その、ブリオッシュも。」(小さく指を指して)
ご主人「イングリッシュ・ブレッド。それから、シナモン・ドーナッツ。。」(大きな声で)

ほとんどの『通訳?』はデタラメで(どちらも日本のヒトです)、つまり、ご主人がご自分で最初からチョイスしているという感じでもあります。

最初は驚きました。私のミミがどうかしているのかな?と思ったほど。

私だったら、自分が選べないことでちょっとムッと来るかもpunchと思うのですが、奥様はいつも何も言わずに、平常心confident
数年前も、今も変わらず、とても穏やかです。

エラいな。。と思っていましたが、最近、その心情がうかがえてきたような感じがします。

オットも上記のご主人と同様、私に色々尋ねますが、購入するパンは見事に自分の好みに統一されています。
一応、聞かれるので答えてはいるものの、自分の希望が通ることはあまりなく「ここの美味しいパンには変わりはないわ」(何というアバウトさ。。)とあきらめます。

たまに、忘れた頃に作りたくなるパン。ドイツの天然酵母で作製です。

今日はオットの大好きな、ほうれん草とベーコン、クリームチーズのリュスティックを作成してみました。
ジョアンのマネです。どうかな??

2010epinardsweb1

秋のお野菜たっぷりです。

秋のお野菜たっぷりの、エダムチーズ入りのお食事マフィンです。

お野菜は、ほんの少々オイルをまぶし、ゲランドを軽めにふります。
焼くと濃縮されて、一段と美味しい。

いつもはコーヒーとデニッシュの朝食ですが、今朝はマフィン!
Gemusesweb2

Gemusesweb1

オリーブのパン

新しい企画がありここのところ試作に追われています。

お菓子は、とても開放されて楽しく試作が出来るのですが、パンは、作る度に難しさを感じています。
「パンの神様」は、まだ近くにはいらっしゃらないようですweep

合間に、おチャラケで作ったオリーブ・パン。
これが今日一番のヒットでしたsweat01
2009olivepannweb1

天然酵母のクグロフ

天然酵母の生種が理想的になったので、時間をみつけては、クグロフを作成しています。

生種は冷蔵庫でも、プクブクと発酵して、室温に置くと、ブクブクが加速して、想像以上の元気さですdash

とはいえ発酵はSlowで、時折、夜中にオーブンに入れるということもsweat01

眠くてもフワッと立ちのぼる良い香りにノックアウト! 
焼きたてを食べさせたいので、その都度、オットと愛猫を起こします。ちょっと迷惑?

愛猫は気配で起きるのですがオットを起こすのは大変。

あとひとつ、工夫が必要で、夜中にコーヒーを涌かして、ダブルの香りで嗅覚から覚醒させます。

愛猫は、コーヒーを飲まないので(当たり前で、すみません。。)鼻をクンクンさせて、焼きたてのパンと、クルミやコアントロー漬けになったフルーツを食べます。

Kugelhopf2009may1

Kugelhopf2009may2

Slowなイースト

5月の空。新緑。
早朝には上手に歌えるようになったウグイスの鳴き声が聞こえます。

ここのところ、頻繁にパンを作っています。
玄関まで、イーストの香りが漂うような、そのような日々が続いています。

フォカッチャ
Focaccia2009may

ほとんどは、ドライイーストなのですが、ここのところ天然酵母の生種を作り始めました。

花の香りのする、甘くてスローなイーストです。

ブクブク。。。
Slow_yeast2009may

L'Amour du Pain パン作り その後3

パンを作り続けています。『酵母の精』が宿るまで。。 というのは、都合が良くて、実際には、なかなか『酵母の精』は来てはくれません。

昨日は、Zopfでのパンのレッスンでした。

生地を練る時に、一歩手前で止めるというテクニックを要したレッスン。
生地の意図する歯切れの良さを出す為に、覚えなければならないレッスンでした。

オーブンに入れる前の桜あんぱん。桜色の餡が素敵です。
Sakurabreadweb1

焼きあがった、私のホワホワの桜あんぱん、シュガーボールとZopf
Sakurabreadweb2

L'Amour du Pain パン作り その後2

作り続けています。
本業も、しっかりとやってはいますが、趣味のものは、また楽しい。
今日はハートのパンをアップします。

すこしずつ、イメージに近いパンを作ろうとは思っていますが、出来は、うーん。。 40%といったところでしょうか。。 今回は、仕上がりが可愛かったのでアップしようと思いました。

Heartbreadweb1

シルバーの入れ物は、Mappin&Webbのパンやスコーンを入れる、ウォーマー。
アンティークではなく、7-8年前、Mappin&Webb社が未だ日本にお店を持っていた時に購入したものです。
Mappinwebbtrayweb1