Botanical Gardens 植物園

2016年 5月のベランダ。。

陽射しがだんだん濃くなっているような5月。

大好きなトケイソウも、太陽に向かって伸びています。

ベランダには、日本ミツバチが採蜜に来ます。毎年、細々と来ているのですが、いつも痩せていて、もっとゆっくりと食べて行って、とエールを送ります。

ミツバチが好きな花は、ブラシ・フラワー。

2016passionflowerweb1

2016passionflowerweb2

2016albany_bottlebrushflowerweb1

2015年PassionFlower 太陽に向かうトケイソウ。

ベランダのトケイソウ。

太陽が大好きで、どんどんツルを伸ばしながら陽射しに向かっています sun

少し見ないうちに、ベランダの柵に絡まっていました。。

どのくらいの種類があるか、そうですね。。 

8種類以上はあると思われます。

毎年、色々購入しているのですが、数年経ち、落ち着く種類は限定されている感じがします。

少し花の色も濃くなっている感じ → そうではなく、別の種類でした。。

2015augpassion_flowerweb1

2015年 7月のトケイソウ Passion Flower

太陽が大好きなトケイソウ。

数日ベランダに出ていないと、つるがどんどん伸びて、外すのが大変なほど固くなります。。

意志のあるような花で、見ていて飽きません lovely

2015julypassion_flowerweb2

2015julypassion_flowerweb1

2015julypassion_flowerweb3

2015julypassion_flowerweb4

2015年のさくら。。

皆様、お元気でいらっしゃいますか?

寒い日が続いておりますが、春が近くに来ていることを、植物は知っているのですね。

室町を歩きながら、いつも早めに咲く桜を見ました。満開でした。

ピンク色の河津サクラ。とても綺麗でした。

2015marsakuraweb1

2015marsakuraweb2

2015marsakuraweb3

2014年 秋のベランダ バラ。。

秋のバラは、ゆっくりと濃い色で咲きます。

室内に飾ると、見ているうちに少しずつ満開になり、良い香りを漂わせてくれます。

2014autmroseweb1

2014autmroseweb2

2014autmroseweb3

2014年 ベランダの時計草

トケイソウ(時計草)、時計の針のような3本の雌しべ。

何ともいえない可愛い花ribbon

意思があるような長い巻ヒゲで、どこかに掴まりながら、太陽に向かって茎を伸ばします。

なかには香る花も多く、いつまで見ていても飽きません。

大好きな花で、お店の前で見かけてしまったら、素通りすることが出来ず eyesweat01

今年は、2鉢(これでも我慢して未だ2鉢 heart01)購入しました。大きなパッションフルーツが下がっている鉢植えで、後日、オットが落下よけの袋を手作り。

既に、数個収穫して、種を除き、オレンジジュースと同割にしていただいています。香りも素晴らしいですsign04

南国には、自然に種がこぼれて自生するトケイソウもあるみたいで、一度見てみたいな、と思っています。

2014passionflowerweb1

2014passionflowerweb2

香りのある時計草 heart04

2014passionflowerweb3

2014passionflowerweb4

2013年 ナゾの柑橘。。Vol.4 大きくなったレモン。

少し前のお写真から。レモン、大きくなりました。

130cmくらいの高さの木で、レモン(たぶんチェドロ)1個。

Citrusofa_mysteryweb8

デミタスカップより大きくなりました。

Citrusofa_mysteryweb7

そして、私の愛読書。レモンのこと、この本で勉強?しています eye

Lemonbooksweb1

2013年 ナゾの柑橘。。Vol.3 小さな実をつけるレモン。

花が終わり、小さな緑の実を成長させているレモンです。

ベランダの強風で、自然に摘果している様子 sweat01

蕾の時

Citrusofa_mysteryweb4

緑色の小さな実

Citrusofa_mysteryweb5

自主摘果?

Citrusofa_mysteryweb6

2013年 ナゾの柑橘。。Vol.2 レモンの旅。

花が咲きました。

葉っぱ、花から、とても良い香りがします。

レモンの一種かも。

調べれば調べるほど、レモンには興味深いものがあります eye

パキスタンのハラッパ遺跡(紀元前2,500年)より発掘された「レモンの葉をかたどった首飾り」crown 栽培の難しさもあり、観賞用や装飾用、もう少し時間が経つとクスリとして使用されていたらしい。

生まれ故郷(インダス文明発祥の地か中国南東部あたり)から、西に向かって旅をして、アフリカに渡り、ヨーロッパ、アメリカを経て日本に到着したのが明治6年(1873年)だそうです。ぐるりと地球をほぼ一周 ship

イタリアには、チェドロと呼ばれる「レモンの野性種」があり、たぶん、このベランダの木も、それに近い感じがします。

友人から「コルシカ島には『セドラ』という、柚子によく似た柑橘が自生している」と以前伺い、このフランス語のセドラとは、チェドロのことなのかも、と思っています。

Citrusofa_mysteryweb2

Citrusofa_mysteryweb3

2013年 ナゾの柑橘。。

先日、近くのホームセンターの植物コーナーで『ナゾの柑橘』budを購入しました。

お店の人が言うには「風に飛ばされて商品・お値段タグ、両方 無くなった」そうです。

「なので、苗の名前も全然分からないsearcheye」とのこと。

たまたま、その柑橘の前でボーッと別のことを考えていたら、上記の通り声をかけられました。

今年に入り、このお店で既に2本、柑橘を購入。

口に出さないものの「3本目は typhoon。。」と、思っていたら、車まで運んでくれて、とてもお安くしてくれましたdollar 親切な人でした。

水を与えたら、少しずつ元気になり、つぼみが大きくなりました。

葉っぱも、とても良い香りがします。

Citrusofa_mysteryweb1

私の愛読書。こういう本を眺めては、想像しています。ナンだろう??
Thebookoffruits_web1