« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

はじめまして。グレースちゃん。Vol.3

グレースちゃん、心細かったのか、少しないていた昨夜を経て、ほとんど無口。

横浜のご家族からいただいてきた匂い付きのピンクの毛布を踏んで、さあ活動ですclock

マドレーヌは、子猫の探検の跡をずっとついているのですが、威嚇の『シャー!!』が、ショックだった様子で部屋の隅に逃げました。

マドは、私が近くに行くと、小さな震える声で、訴えました sweat02

グレースとどう接したら良いか、迷っている様子です。

シャム猫は、好奇心の強いネコと云われています。そのような遺伝は、確かに引き継がれている感じがします。

あなたは、だれですか?

2016429graceweb2

何をもっているの?そのカメラ、みせて。。

2016429graceweb3

グレースちゃんの『シャーannoy』がコワいですsweat01

2016429madeleineweb1

おでこと、おなかを、パンチされました sweat02

2016429madeleineweb2


はじめまして。グレースちゃん。Vol.2

グレースちゃんは、朝の目覚めといっしょに、各部屋探検を始めました ribbon

マドレーヌは、大きな驚きと、おさえられない好奇心で eye(1ヶ月以上かけて子猫が来ること、お話はしていたのですが、ネコですから、わかりません。。)、大きな目がもっと大きくなり、グレースのそばで、おなかを見せたりしています。

グレースには、2ヶ月半前に生まれたお兄ちゃんがいて、両親と一緒に、子猫の面倒を良くみていました。

マドレーヌとそっくりなので、馴染みやすいと思っていましたが、やはり仲良くなるには、未だ時間が必要です。

おはよう。グレースちゃん。

2016429grace

はじめまして。グレースちゃん。

みなさま。はじめましてribbon

淡い紫色のようなライラック・ポイントのシャム猫の女の子。
ご縁があり、家族となりました。

横浜のご実家の方から、「父親が、娘を嫁がせる心境」とのお話。

もう、それだけで胸がいっぱいになります。

大切に育てることを約束しました。

名前は、グレース Grace です。

ママから、最後のオッパイ。連れて帰ること、ちょっとためらいました。。

あなたのお子様、大切にしますと、ママにもお約束。

2016428graceweb1

電車に揺られて到着。「ここはどこですか?」緊張気味のグレース。

2016428graceweb2

2016年 4月のある日。

震度7を観測した熊本の地震、私の住んでいる場所まで伝わりました。

幾度となく起きる地震と、被害の大きさに、言葉をなくしました。

突然の災害により、お亡くなりになられた方に心よりお悔やみ申し上げます。

突然の地震により日常が変わられた方が、出来るだけ早く、通常の生活に戻れるよう、未だ連絡が取れない方の無事を祈り、そして早めのライフラインの復活を祈ります。

青山パトロールのランチによくお伺いするお店アンカフェでは、熊本地震の復旧活動に、スタッフが出向いていていることを、お店の方に聞きました。

自分たちに出来ることを地味に続けているカフェで、そのような志の高さが、私はまた好きでもあります。

2016apruncafeweb1

宝石のようなクッキー。。

パリに住んでいたお友だちから、とても美味しいクッキーと、焼き菓子のセットをいただきました。

どれも地方のフランス菓子として有名なお菓子たちでした。(たくさんいただいたのに、お写真はこちらだけ。。ごめんなさいsweat01)。

本当に美味しかったです。ありがとう ribbon

美味しいということば通り、見ても美しい宝石のようなクッキー。私の目指すお菓子の姿です。

「ディアマン」という名前のクッキーによく似た「サン ノン」。

2016jewelcookie

ボッティチェリ展 Botticelli e il suo tempo 東京都美術館にて

春ですねheart04 沈丁花の香りや、太陽で温まった土の香りで春を感じます。

2016年1月16日ー4月3日
東京都美術館

3度お伺いした今回の展示会。その度に胸を打たれたボッティチェリの絵。

15世紀のフィレンツェの風景や、肖像画、宗教画、神話を描いた絵、テンペラ画などたくさん拝見することが出来ました。

最終日、一緒に行った友人は、5年前の当時住んでいたパリからフィレンツェのパラティーナ美術館に「聖母子と聖礼者ヨハネ」を見る為に出掛けたこと、その絵に、今回再会出来たことを喜んでいました。

私は、金色の細い線が印象的な『聖母子「書物の聖母」』に強く惹かれました。

生まれて間もないイエスの腕に巻いてある金色の刺草にも、胸が打たれます。

2016botticelliweb1

2016botticelliweb2

2016年 E.Galle ガレの庭 東京都庭園美術館にて。。

ガレの庭、これで3度目のお伺いです sweat01

2度は、よくあるけれど、3度のお伺いは昨年4月の、ルーシーリー以来。

もう一度、少し時間をかけて拝見したいと思いました。

素晴らしい植物画と、作品。。

今回は、陶器の作品も展示されました。

ガレの庭を歩いているみたいな気分になりました。

美術館の桜も、今が満開。

2016egalleweb3

2016egalleweb4

2016egalleweb5

ナンシーの自邸の庭を眺めるガレ。

2016egalleweb6

2016年 友人とのランチ

青山パトロールです。

ここのところ、国連大学前で週末に行われる青山マーケットに出掛ける機会が多くなりました。

お目当ては、無農薬の柑橘類。それと、はちみつ。

それから、近くのお気に入りのカフェでのランチ。

友人と笑いあい、会話を楽しむ時間は、何よりのリラックスタイムです。

Aoyamauncafeweb1

Aoyamauncafeweb2

いつお目にかかっても小さいので、兄弟なのか伺ったら、運ぶ都合で小さい子を選んでいるのだそう。。なるほど。乳母車に入った可愛い看板山羊です。

2016apraoyamamarketweb1

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »