« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年 9月のマドレーヌ。。

マドレーヌ、毛の抜ける時期がピークを過ぎました。

少しずつ毛繕いも上手になり、手を差し出すと、私のことを1-2回「義理なめ」してくれます。

着替えようと、用意した服の上にて、くつろぎ中 sweat02

しばらく、そのままにしていたら、眠ってしまいました sweat01sweat01

2013sepmadeleineweb1

2013sepmadeleineweb2

2013sepmadeleineweb3

Cake Anglais ケーク・アングレ焼いています。

大好きな、ケーク・アングレ。

飾りもその都度変えて、宝石箱のように ribbon

フィリングを少しずつ変えながら、季節を問わず、よく焼いています heart04

2013cake_anglaisweb1

2013cake_anglaisweb2

マリネする為のフランス産フォションのオレンジ・ジュース。
力強く、自然の香りが残っているので好きな素材です。

Tranche_orange


アンドレ・クリュイタンスのレクイエム

フォーレのレクイエムを聴いています。

アンドレ・クリュイタンス指揮 パリ音楽院管弦楽団の演奏です。
好みなのでしょう。他にも録音した指揮者が多数いるなかで、一番好きな演奏です shine

天井から光が射し、水晶細工のような音楽が天に昇るように、キラキラと輝くような演奏。私に何かがあったら、このCDを流してほしいとオットにお願いしていますshine

独身時代、ソニービル地下のマキシムのラウンジに集まっては、最近の演奏会の話しや、ミッシェル・コルボの演奏と、どちらを好むか?ボーイソプラノはどう?eye なんて音楽が好きな友人たちと話をしていたことを思い出しました(私はみそっかすでしたが。。)。

ちょうどLPからCDに移行の頃で、当時のお友達は皆、若く、断然LP派  dash dash 何ともアナログな感じ carouselpony

当時、ドイツ・グラモフォンで音楽書評をしていた人は、子どもの頃からの主治医の弟さんで、日本の医師免許を持ちながら、ドイツへ渡って行った人。

今より東洋人への偏見があるなかで、すごいな。。と思いました。

丁寧に、真剣に聴いていた時代を経由して、今は、普通にCDを聴いています。

Asakaspaphiopedilum2008web1

2013年 9月19日 ミルテ。。

数日前から、この日が来ること、ちょっと怖かった。

ミルテが亡くなって、1年です。

昨年の今日、数日前から一層つらそうなミルテに、かける言葉も見つからず、オロオロとしていることを悟られないようにしていました。

ミルテは、私にじっとそばで看病されることを嫌い、少し離れると、静かに寄ってきます。

まるで「そばにいたいけれど、見ないで。いつものママでいて」と、言っているようでした。

ミルテが横たわるパウダールームで、「いつものママ」を装い、お掃除を念入りにしました。

様子をみると、薄れる意識のなか、目を細めて、少し満足そうな顔をしていました。ミルテは、とてもきれい好きだったから。。

亡くなったミルテを抱え、主治医のところへ駆けつけた夜。
夜空がどうだったか、覚えていませんが、今年の今日は、中秋の名月。
とても綺麗で、静かです。

ミルテ、住む世界は違っても、元気に過ごしてね。

20130919myrteweb4

20130919myrteweb3

20130919myrteweb1

20130919myrteweb2

2013年 ナゾの柑橘。。Vol.4 大きくなったレモン。

少し前のお写真から。レモン、大きくなりました。

130cmくらいの高さの木で、レモン(たぶんチェドロ)1個。

Citrusofa_mysteryweb8

デミタスカップより大きくなりました。

Citrusofa_mysteryweb7

そして、私の愛読書。レモンのこと、この本で勉強?しています eye

Lemonbooksweb1

クッキーの目盛りに。。

夏のお菓子作業は、なるべく時間をかけないようsweat01 sweat01

特に、クッキーを美しく均等にカットしたいと思うのは、皆同じですね ribbon

可動式で印が出来ます(インチ・サイズ限定目盛り)。
格段に作業が早くなりました eye

プラスティックで洗えます。アタッチメントを付けると、縦に使用出来ます。

元々は、側面に目印をつけるものなので、横に使用するのは、副産物です。
ウィルトン製。お値段もお安く、840円でした note

2013ruler1

2013ruler

2013leprsent_dtweb1

2013leprsent_dtweb2

2013leprsent_dtweb3

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »