« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年 6月のマドレーヌ。。

早朝、窓に張り付き、太陽が昇って来るのを待っています。

2013junemadeleineweb4

マドちゃん、おはようsun あっオドロイタ。。耳が緊張気味sweat01

2013junemadeleineweb5

東の空が赤くなり、今日も元気に一日が始まりますね。

2013junemadeleineweb2

窓辺が好き。視線を変えて飽きずに外を見ている先には、風に揺れる葉っぱ 一枚 eye

2013junemadeleineweb1

水族館へ 葛西臨海水族館

水族館へ出かけました fish sign04

サメとイワシの大群が泳いでいる水槽前を出発し、ガイドツアーに参加です fish

アカシュモクザメの大群ウォッチングをして帰国したばかりという男性と私と友人の大人3名 camera

ここの水族館のウリは色々あるけれど、北極と南極の生物が展示されていること penguin eye

飼育や温度管理がとても難しく(南極の方が冷たいですね)、日本でも、ここだけ wave

知らないことばかりで、海の生き物の不思議に触れた1時間 cancer pisces

寡黙な生き物が、工夫満載で、とても饒舌なことを知った楽しい時間でした。

ありがとう。

イソギンチャクと鮮やかなクマノミ

2013juntokyoseaweb1

ただいま、子育て中(右側のオス)

2013juntokyoseaweb3

たくさん空気を送るため、常に口をパクパク。食事の時には、自分の縦型ベッドに卵をそっと置いて、急いで済ますそうです。けなげ。。

2013juntokyoseaweb4

まるで宝石のよう。。

2013juntokyoseaweb6 

2013年 ナゾの柑橘。。Vol.3 小さな実をつけるレモン。

花が終わり、小さな緑の実を成長させているレモンです。

ベランダの強風で、自然に摘果している様子 sweat01

蕾の時

Citrusofa_mysteryweb4

緑色の小さな実

Citrusofa_mysteryweb5

自主摘果?

Citrusofa_mysteryweb6

2013年のグレート・ギャツビー

太陽の日差しが夏みたいな今日。

新宿のペックでパンを購入し、軽めの食事をして、伊勢丹までお散歩しました。

伊勢丹の感度の高さにリフレッシュです heart02

グレート・ギャツビーの映画公開にあわせて作られたブースを拝見。

ディジーたち、女性のドレスは、プラダ。シックです。
ギャツビー、ニックの洋服は、ブルックス・ブラザース。

2013年の新しいグレート・ギャツビーなのでしょう。

ティファニーの首飾り

The_great_gatsbyweb6

ニックの部屋に飾られた花々と2人の衣装

The_great_gatsbyweb5

花に囲まれたディジー

The_great_gatsbyweb4

2013年 ナゾの柑橘。。Vol.2 レモンの旅。

花が咲きました。

葉っぱ、花から、とても良い香りがします。

レモンの一種かも。

調べれば調べるほど、レモンには興味深いものがあります eye

パキスタンのハラッパ遺跡(紀元前2,500年)より発掘された「レモンの葉をかたどった首飾り」crown 栽培の難しさもあり、観賞用や装飾用、もう少し時間が経つとクスリとして使用されていたらしい。

生まれ故郷(インダス文明発祥の地か中国南東部あたり)から、西に向かって旅をして、アフリカに渡り、ヨーロッパ、アメリカを経て日本に到着したのが明治6年(1873年)だそうです。ぐるりと地球をほぼ一周 ship

イタリアには、チェドロと呼ばれる「レモンの野性種」があり、たぶん、このベランダの木も、それに近い感じがします。

友人から「コルシカ島には『セドラ』という、柚子によく似た柑橘が自生している」と以前伺い、このフランス語のセドラとは、チェドロのことなのかも、と思っています。

Citrusofa_mysteryweb2

Citrusofa_mysteryweb3

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »