« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

ニッポン、頑張ったね!

メダル獲得数38個bell

選手たちの素晴らしい活躍に感動いっぱいのオリンピック。
なでしこも、レスリングも印象に残りました。

選手たちに贈られた花束はジェーン・パッカーの‘Victory Bouquet’。
英国を象徴する薔薇とハーブ。本当に素敵でした。

Victory_bouquet

愛猫と一緒にtvを見ながら、私も古くなった首輪のリサイクルribbonビクトリー・ブケ?を作ってみました。

F&Mのエコバッグとともに。。
Collarofacatweb1

Collarofacatweb2

2012年 8月のレッスン。。

ロンドンはオリンピック・イヤーと、エリザベス女王の即位60周年「ダイヤモンド・ジュビリー」が重なり、賑やかそうですね。

イギリスには皆に馴染みのあるキャラクターが多く、機関車トーマス、ピーターラビット、シシリー・メアリー・パーカーの妖精たちなどなど、私も大好きですheart04

料理については、うーん。。美味しいものが少ないと云われていますが、今年の夏は、夏野菜を使ったパスティを選択。ショートクラストも夏バージョンでバターを減らしました。

焼いている間に、コーニッシュ・パスティの歴史を伝えました。パスティは産業革命を支えた鉱山でのランチから誕生し、イギリスの歴史にも深くかかわっていて興味深いです。

翻って、『パスティ税』のこと。
イギリスは食料品には低率課税ですが、日本同様、財政難。
VATの軽滅税率は生活上必要な食料品やコールド・フードなどに適用され、贅沢と見なされる外食には20%の課税impact

キャメロン政権は、フィッシュ&チップス同様、パスティにも20%の課税dollarをするということで一時話題になりましたが、世論には勝てず撤回。

日本でも消費税を上げるなら、食料品には低率にしてほしいな、と思います。

2012pastyweb1

パティオでの願い。。

この夏、外来へ出かける機会が多くなっています。

合間に冷たいコーヒーをいただき、そよ風の外を眺めると、大きな七夕の飾りがありましたcafe

小さいパティオですが、クリスマスイルミネーションや、四季折々の飾りがされて、ちょっと憩いの場です。

震災前の短冊には「Stop the Co2」や「世界から飢餓を無くそう」などメッセージ性のあるものが多かったように思いますが、病院という特殊性を配慮しても、外で目にする七夕飾りは、全体的に内向きな、身近で大切な願いに変わって来ている感じがします。

1年に一度の七夕。。彦星と織り姫が会える奇跡の日ですね。

人も動物も、幸せな気持ちになれる、奇跡があっても良いと思います。

Tokyouhweb1


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »