« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

Nantucket Basket 4inch作製中です Part1

今日の代々木上原は、白い冬の雲の切れ間から太陽が顔を出して、温かい日差しに包まれた一日でした。

Nantucket Basket 教室にて、4inchのラウンドモールドを使用して、Candy Basketに。

今回は、リムは以前に購入しておいたEbony(黒檀)です。

あとひとつは、衝動買いのRosewood。トラの模様のように見えて、求めました。

友人の「すみやキャット」さんのブログにて、
“「寅」は、もともと「引(のばしてひく)」「伸(のばす)」という意味があり、草木が伸び始める状態を表すそうです。
十二支では、それに動物の「虎」があてられたそうです。”を知り、なるほど。。

早春の3月生まれの私には、季節的にも寅がぴったり。

トラは、来年の干支でもあり、実は。。私の干支でもあります。。sweat01

ウィバーは、1.75mmを使用してちょっと繊細に作ります。
思いっきり、シノワズリーに仕上げるつもりですheart04

4inchnantucket1

2009年のクリスマス・リース

少しずつ、クリスマスの色になる季節ですね。

玄関に飾られたリースは、数種類の木を使い、小さなリンゴの赤、緑も本物です。
すがすがしい香りが周辺に漂っていて、森林浴の気分です。ありがとう。

2009christmaswreath1

MJ

マイケル・ジャクソンの"This Is It"映画に伺いました。日にちを変えて、2度。

車内でも、MJ。帰宅してからも、彼のCDを聴く日々を過ごしています。

こんなに素晴らしいアーティストはいないのではと思う程、感激しました。

マイケルのストイックな姿勢と、謙虚で細かい音作りの指示により、徐々に変わるステージ風景と音色に、驚きました。

ステージで歌うマイケルは、本当に幸せそう。

年齢で言うと、マイケルの1/2の人生くらいの若い人たちのなかで、軽やかに踊る姿も本当に素敵。

こんなに元気で、幸せいっぱいに歌っている彼が、実際にはもういないのだと思うと、悲しくなります。。

煌めく月の世界で、今でも歌っているのかな。。 光と一緒に戻って来て欲しいと、そのような錯覚さえします。

後半に映像と共に歌ったEarth Songも心に沁みました。

334766view002
334766view005
334766view006
334766view008
"This Is It"紹介の映像より

妹の復帰。。

急に気温が下がってきました。 
立冬になり、いよいよ年末に向かって、加速気味に日が過ぎていきます。
あまりに個人的な話ですが、妹が今日から復帰しました。

「インフルエンザに気をつけなくちゃ」なんて言っていた妹が、かかった病気は『オタフク風邪』。
もちろん、戒厳令がひかれて、闘病生活?? 10日間。

オタフク、名前は愛嬌があり可愛いのですが、予想外にとても大変だったらしいです。

「レレレのおじさんみたいな顔(本人曰く)」になって、痛みと熱でぐったりとしていました。

先日、お見舞いにと思い、焼き菓子と発酵菓子を届けた際にも、本当に辛そうでした。
風邪と同じく、特効薬は何もないことも初めて知り、それにしてもカオ、直るのかな。。?

Rerere

カラダにやさしく。

カラダに優しい食事は、ココロに優しい食事です。

そんなことを思いながら、マクロビオティックのレッスンです。先生はオーガニックベースでチャイニーズマクロビの講師をしておられる堤先生です。

元々、お肉をあまりいただくことはないのですが、食を介しての陰と陽とのバランスや、時々出会う、優しい食材を前にすると、穏やかな気持ちになれるその瞬間がかけがえのないもの。

冬のお野菜のひえ蒸し
Macrobiotichie1

クリスマスの準備に。。

お願いをしていた雑誌が、一昨日ドイツから届きました。

急ぎのことでもない限り、船便のPrintedMatterでお願いするところですが、今回は早く目を通したかったので、AirMailで。

雑誌は、クリスマスの特集です。
ジェイミー・オリバーも登場して、旬のドイツのお料理やお菓子、ちょっと大胆ですが、伝統的なお菓子をベースに現代風に仕上げる方法も、楽しみです(とは言ってもドイツ語は独学。ドイツの友人がいた頃は良かったのですが、辞書を手元に、雰囲気で読んでいますsweat02)。

Germanmagazine1

丸の内の休日Lunch

晴れた日。

友人と丸の内にて、ランチです。

9月にオープンした丸の内ブリックスクエア。ここは大好きな場所ですね。緑のオベリスクも見事です。

Greentower1

ジョエル・ロブションにて、軽めのランチをとり、パティオのベンチで友人とのおしゃべりを楽しみました。

彼女とは、もう20年来のおつきあいで、同い年。
目指す方向は違うけれど、唯一、共通の趣味であるロンドンのシルバー・アンティークのことになると、もう、話がつきません。。 私が初めて渡航した先も、ロンドン。それから幾度となく訪れているけれど、その度に発見があり、刺激的で、楽しい! また行きたくなりました。

途中、中庭から通りに抜けるそよそよと吹く風と、ワインを楽しむ人たちのせり出したテーブルを見ながら、小鳥の鳴き声に目を移すと、一重咲きの秋の桜の花びらをついばむスズメの集団。

そのスズメたち、視線に気づいたのか、私達に近づいてきて食べ物を要求します。「ごめんね。あなたたちにあげるものは無いのよ」と、友人。相当、人間に慣れている集団ですeyeまだオープンして2ヶ月あまりなのに、こういう環境を、これまでもあったかのように、自然に作れるってすごいなと思います。

ウィンドウはもうクリスマスが近いことを知らせます。
さて、またガンバロウッと!
Xmasflower2009web1

お堀の紅葉。。

もう晩秋ですね。皆様、如何お過ごしでしょうか? 
インフルエンザも心配な季節になりました。

お堀も、紅葉してきました。
Imperialyellowleaves1

丸の内仲通りのハンキング・バスケットも、どことなくクリスマスに近づいているみたいです。
Marunouchiblume1

木枯らし一号。

東京地方では本日、木枯らし一号が到来。

アッという間に、もう11月です。

ここ数日、冷たい風の吹く日が続いていて、こういう時にはお鍋や、おでんですね。

Muromachioden

オットと、2人分のおでんをつくるのもロスが出るかも。。なんて話をして、出かけた先は室町のおでん屋さんです。
老舗らしいのですが、お出汁はそこそこ美味しかったのですが、うーん。。。普通です。

ごちそうさま! の後は、やはり夕ご飯にはおでんを家で作ることに、決めました。

秋のお野菜たっぷりです。

秋のお野菜たっぷりの、エダムチーズ入りのお食事マフィンです。

お野菜は、ほんの少々オイルをまぶし、ゲランドを軽めにふります。
焼くと濃縮されて、一段と美味しい。

いつもはコーヒーとデニッシュの朝食ですが、今朝はマフィン!
Gemusesweb2

Gemusesweb1

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »