« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

中越沖地震のこと 2。

本日、柏崎市にて仮設住宅の入居申し込みが開始されました。

昨日は叔母と会い、柏崎にいる叔母のきょうだいや親類の避難所での生活のこと、全壊、半壊している自宅の話となりました。つい、2ヶ月前にお目にかかった折の笑顔の印象と、現在の想像以上のご苦労に、胸の詰まる思いがしました。 水道、ガスの復興も、既存の管の老朽化と、砂地という立地条件のために、外では懸命な作業をしているが、復興にはなかなか時間がかかるという話でした。また、介護サービスを受ける人たち、提供する人たちのご心配、ご苦労にも胸が痛みました。
そのようななか、柏崎市のコミュニティー放送(FM放送)が被災当日から24時間体制で、生活情報を発信し続けていることを知り、素晴らしいことだと思いました。
20070725kasetuweb1

シルバー・スプーン

気分転換や、リラックスをしたいときに何をなさいますか。

徹夜気味の日々が続いた仕事も、ひと段落。そのようなときによくすることは、クリスタル磨きか、シルバー磨き。
バスタブに浸かるように、ぬるめの湯を張り、専用のスポンジとクリームを使い、洗います。フワフワの泡に囲まれてひと拭きするごとに輝きが戻る。
「無心になれる、至福のひととき」です。
今日は、シルバー・スプーンを2本磨きました。

イギリスではその昔、シルバーウェアをたくさん所有している家では、専門の『シルバー磨き人』がいたそうです。以前訪れたロンドンのリージェントストリートにあるマッピン&ウェブには、「磨き部屋」とでも云うのでしょうか、その部屋と店内を、忙しく行ったり来たりしている作業衣を着た専門の人がいました。私の、「憧れる、なってみたい職業」のひとつです。

年 代 :George IV 1821
製作地:英国 ロンドン
ロンドンの骨董店で購入。シュガーシフター 
Sugarsifterweb1_2

年 代 :アールデコの時代のもの
製作地: 英国 シェフィールド  マッピン&ウェブ社製 
本店で購入。フルーツサービング・スプーン
Fruitsspoonweb1_2


時計草 トケイソウ 2

今日、今年初めて「セミ」の鳴き声を聞きました。
どこで鳴いているのか、確かめるように窓を開けたら、
真っ白な時計草が、咲いていました。
近づいてみると、良い香りがします。
名前は、コンスタンス・エリオット 。立派な英国紳士のような名前ですね。

Passionflower7web

中越沖地震のこと。

この度の新潟県中越沖地震による突然の出来事で、お亡くなりになられたみなさまのご冥福をお祈りします。
また、被災をされた新潟、長野、富山県の皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

当日は、休日の朝の普段の風景。

朝食を済ませて、キッチンに立っていました。今秋から新たに始まる『お菓子開発』の作戦を、たてていたところでした。「立ちくらみかな?」なんて思う程、ゆっくりとした揺れでした。左右、上下に、長い揺れ。 だんだん揺れが強くなって来て、やっと、「これは大きな地震かもしれない」と気づきました。

地震は、怖いです。 

2年前のちょうどこの時期、都内を震源地とした震度5の地震がありました。体感的には、上階だったこともあり、震度6クラスだったそうです。
当日は那須からの帰り道で、高速を走っていた際に、一斉に電光掲示板に「出口渋滞」情報が枠いっぱいに出て、何かが起きたことを知りました。
電話も通じず、マンションについたのは夜で、電気も消えていて、エレベーターも使えない。やっとの思いで非常口からたどりつき、ドアを開けた瞬間の光景を今でも忘れることが出来ません。

突然の事故や災害は、その人の人生観さえ変えます。
ライフラインの速やかな復興と、すこしずつ悲しみを乗り越えて、おだやかなこれまでの生活に戻ることが出来ますよう、お祈り申し上げます。

11輪の花をつけた『ヤマユリ』
Lisweb1

Lisweb2

Lisweb3

美味しいパン屋さん

台風4号が近づいてきました。今にも雨が降りそうな雲です。

今日は、お教室と、打ち合わせの時間の合間を縫って、恵比寿のガーデンプレイスへ行きました。

目的はひとつ。『美味しいパン屋さん!』。

あちこちに、「SALE」「SOLD」..こういう文字に弱いのです。

何カ所か、引っ掛かりながらたどりついたところは『ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション La Boutique de Joel Robuchon』

ここのパンは、大のお気に入りで、前身のタイユバン・ロブションの時代からのファンです。もう、このくらいのレベルになると、「人それぞれの好み」となると思いますが、粉の選び方、使い方、クロワッサンに代表されるフィユタージュの立ち上がり方の美しさ(美しさと美味しさはつながりますね)。油脂の質の良さ、酵母の使い方、バリエーションの多彩さ、ガルニチュールの質の高さ。。どれをとっても、しっかりとしています。

近くにいらした際には、是非、オススメします。(『回し者』のようになってしまいましたが、一般のお客で、お知り合いがいるわけではありません) パンの世界が広がります。

Robuchonweb1

文旦 Bung-tang

子供の頃の話。
柑橘系の果物は、夏に収穫を迎えるものと思っていました。
レモンにしても、夏みかんにしても酸味があって、爽やかな味わいから、夏を想像したのでしょう。

今日は、文旦を使った日持ちのする焼き菓子。Gateaux de Voyagesとして、お持たせや、遠出の旅行のときに。 文旦は、皮も果肉も良い香りがして、大好きな果物です。皮は、コンフィズリ−にして、保管します。

文旦のコンフィズリーをたくさん練り込んだお菓子です。

Gateaubungtangweb1

demi sec..
Miconfibungtangweb1

動物の赤ちゃん

ここ最近、女友達の間で、ちょっとした『子育てラッシュ』となっています。
「子育て」とはいっても、ワンちゃんやネコちゃん。

先日も、いつになくそわそわしていて、家路を急ぐ。 
「赤ちゃんが待っているので、ごめんねー」って。 
なかには、「授乳しないと!」なんて。

必ず写真は持ち歩いていて、その赤ちゃんの寝顔や、おねだりする様なつぶらな表情を見ていると、本当に、とろけそうになります。

今日のニュースで、ベルリン動物園の“クヌート”の定期公開がなくなるという。クヌートは大きくなり、危険になったためだそう。ご存知の方も多いと思いますが、 kuntは昨年2006年12月にベルリン動物園で生まれたホッキョクグマ。

母親の“トスカ”が、育児放棄をした為に、人間に育てられました。日本でも、“ピース”というホッキョクグマの育児が話題になったことがありましたね。

2006年12月生まれのホッキョクグマ・クヌートのブログ 
Knutzooberlinweb1

Knutzooberlinweb3

Zooberlinkunt5

赤ちゃんである時期は短いけれど、私たちを幸せな気持ちにしてくれる動物たち。特に最近、あまりの可愛さに、ノックアウトしたのは、大館市のペットショップのロングコートチワワの“ハート君”!
Heartweb1

Heartweb2

あとひとつ。フレンチブルドックの“ナナちゃん”が育てるベンガルトラの赤ちゃん。
2007nanaweb1

どうなるのかな? この親子。

トケイソウ → 時計木。

「時計草」改め、「時計木」。

昨日に引き続き、時計草のこと。
実家にあるトケイソウは、親のお気に入りです。

鉢のまま、大きな『グミの木(田植えグミ)』の傍に立てかけた、レイジーで過酷な状態にもかかわらず、いつのまにか、グミの木を取り囲んで、「時計草」という名前を忘れて、『時計木』となりました。

幹も直径5cm弱と太くなり、ぐんぐんと伸びた蔓は、2階のベランダまで来ました。来年は、屋上の柵まで登りそうな勢いに、半分楽しみ、半分心配しています。。

Passionflower5web

Passionflower6web


時計草 トケイソウ

トケイソウ。春の終わりから冬の始まりにかけて、咲き続け
る花。よく見ると、花の中心がよくできた時計みたい!

ヨーロッパでは、この花を『キリストの受難(passion)』と
云い、花の子房柱は十字架、3つに分裂した雌しべが釘、
巻きひげはムチ、副冠は茨の冠、5枚の花弁とガクは合
わせて10人の使徒、葉は槍を表すということらしい。
うーん、よくできている。。

今の時期、お花屋さんでもよく見かけますね。

どういう訳か、このトケイソウを見ると、その前を素通り
できない。。ついつい、買い求めてきて、ベランダは、
今、ジャングルになっています。

風が吹くと、弱々しそうなツルを、まるで誰かに頼るよう
に、そよそよと伸ばし、数時間後に見ると、もう、何かに
掴まって、外れないようにツルを上手に絡ませる。
何となく、感情があるみたいに見えます。

それが私が素通りできない、この花の魅力なのかも
しれません。

ベランダのトケイソウから。
Passionflowerweb1_1

Passionflowerweb2_1

Passionflowerweb3_1

Passionflowerweb4_1


« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »