2016年のおわりに。。

あと数時間で、今年も終わりですね。

ベランダ越しに東京ディズニーランドの花火が見えます。

いつものように歯磨きを済ませて、夜8時には寝てしまうネコの寝顔を見ながら、このブログを書いています。

あまり更新が出来ませんでしたが、心にかけて連絡をくれたお友だち、ありがとう。

公私とも、色々な出会いや人たちに支えられた一年でした。ありがとうございます。

新年が、皆様にとって、希望と幸せに満ちた一年になりますよう、祈ります。

最後に、星野道夫さんのエッセイから。。

英語で "it made my day"という言い方がある。 つまり、そのわずかなことで気持ちが膨らみ、一日が満たされてしまう。

人間の心とはそういうものかもしれない。遠い昔に会った誰かが、自分を懐かしがっていてくれる。それは何と幸福なことだろう。

 

Gracedecweb1

Gracedecweb2

2016年 銀座 クリスマス。。

急ぎ足の銀座です。。

帰り際、教文館でクリスマスオーナメントを買い足して、銀座伊東屋へ立ち寄りました。

地下鉄に降りる前、星空に白いヘビshine

美しく輝くブルガリのイルミネーションに、思わず立ち止まりましたshine

Bvlgari2016

12月の白鳥。。

朝夕、寒くなって参りました。

みなさま、如何お過ごしでいらっしゃいますか? 私は何とか元気。

渡り鳥の季節、V字やリボンのようなカタチで空を飛んでいる鳥を見かける事が増えました。

思わず、頑張ってsunと応援します。

母からの要請→「りんごが実っている木を見てみたい eyeその場で頂いてみたいjapanesetea(妄想中。。)」で、りんごを求めて、茨城県の奥久慈へ出掛けました。

車で北に向かうと、田園風景が多くなり、空気が澄んで冷たくなるのを感じます。

りんご農園へ向かう途中で、野性の白鳥の群れに出会いました heart02

白鳥は、一番好きな鳥なので、本当に嬉しかったです ribbon 

灰色の子どもの白鳥は、まだ嘴も白い色で、家族に甘えている様子。

シベリアからの4000kmもの長い距離、命をかけた旅だったと思います。

カラダひとつで長い距離を飛行する潔さに、心惹かれます。

白鳥はとても大きく、羽音にも風圧を感じるほどで、こんなに近くで拝見できた事、私的には、採れたてのりんごより印象に残りました。

また来年も訪れたくなりました。

2016decswanweb1

2016decswanweb3

2016decswanweb4

2016decswanweb5

2016decappleweb1

2016decappleweb2

2016decappleweb3

焼き菓子のレッスン

秋が深まり、焼き菓子の美味しい季節ですね。

今日は、パリセヴェイユで焼き菓子のレッスン。

クルミたっぷりのおしゃれなブラウニー、イチジクのバニラシロップ煮が入ったアーモンド生地、ダックワーズのプラリネクリームも、本当に美味しかったです。

それから待っていた金子シェフのご本「金子美明の菓子 パリセヴェイユ」。

パリの目覚めというフランス語に寄せる思いや、所々のエッセーにも胸を打たれます。

旭屋出版以来のご本となりますね。相変わらずとても感度の高い本です。

皆で、サインをしていただきました heart04

Parissevilleoctweb1

2016octparisseville

グレース・ケリー展にて

松屋銀座で開催中の「グレース・ケリー展」に参りました。

会場には、生前着用していたお洋服がたくさん飾られていました。

古さをあまり感じないのは、普遍的な美しさのあるお洋服だからなのでしょう。

動物をモチーフに作られたジュエリーも、ユニークで品があり、とても 美しかったです。

日にちは違いますが、続けて2つの展示会を拝見することとなり、命には限りがある事を 改めて思いました。

当日は、三越のイギリス展があり、そこで待ち合わせてご一緒した20年来の友人とも、 遅い時間まで銀座で尽きない話をした夜でした。

Gracekellyweb2_2


星野道夫の旅 没後20年 にて

松屋銀座にて開催中の『星野道夫の旅 没後20年』に出かけて参りました。

開催日:2016年8月24日~9月5日

会場:松屋銀座店 

会場はたくさんの人達に溢れており、特に20代の年齢層が多かったです。

星野さんのお写真は、大きく引き延ばされても画像が鮮明で、波しぶきを上げる鯨、ブリザードのなかのアラスカの風景、赤ちゃんのアザラシの体から出る湯気。

ツンドラに佇むカリブーの群れ。グーズリーの毛の質感も、厳しい自然のなかに生きている動物たちの息吹が聞こえるよう。

星野さんが残したフィルムもライトテーブルで拝見しました。

20代の人達にとっては、星野さんを身近に感じる年代ではないはずですが、久しぶりに会った先輩に接するような、尊敬と優しいお顔で会場が包まれ、魔法にかかったような穏やかな時間を共有出来ました。

独身の頃、星野さんに憧れました。人や、時に動物さえも拒絶するような厳しい自然のなか、映し出すお写真は、皆とても優しく、エッセイも大好きでずいぶん読みました。

アラスカを旅行する事はなかったけれど、当時はアンカレッジ経由で、滑走路間近になると、 野生の動物が見えます。ここのどこかに、星野さんはいらっしゃるのかな?などと思ったものでした。 また、星野さんの作品を読みたくなりました。


購入した「旅をする木」とメモにナヌークのぬいぐるみ。。
それと、本棚から星野さんのご本 clip

Hoshinomichioweb1

2016年 グラスデザート。。

自由が丘 パリ・セヴィエユレッスンは、グラスデザートでした。

お時間終了間際までの、緊張する積み重ねの丁寧なヴェリーヌです。

コーヒーと、チョコレートを何層にも重ねたヴェリーヌも、クレームブリュレも、本当に美味しかったです。時間が経っても流れないカラメルの作り方もとても勉強になりました。

2016julyparisseville

2016年 7月のマドレーヌとグレース。

だんだん気温が高くなってきました。皆様、如何お過ごしでいらっしゃいますか。

体重を測定に行った折、主治医から、先住ネコ(つまりマドレーヌのこと)の居場所を作ってあげると良いというアドバイスがありました。

もともと、ケージを置くつもりはなかったのですが、マドレーヌが外を見るとき、私の背中より良い場所を作れたらと思いsweat02、ハンモックをセットする為に半年前に導入。

未だグレースと出会うことすら考えてもいなかった頃の話です。

ずっと開けっ放しのケージには、ガーリーなハンモックがひとつ(男ですがsweat01)。

まだマドの聖域 heart04

2016julymadeleineweb1

2016julymadeleineweb2

2016julymadeleineweb3

2016julymadeleineweb4

グレースのこと、気になるみたい。。

銀座・三越にて 2107年ナンタケットバスケット展示会

三越にて開催中の、ナンタケットバスケット展示会へお伺い致しました。

久しぶりに会う友人、知人に囲まれて、話の尽きない楽しい時間 heart04
皆のバスケットや、ホセのバスケット、アラン・リードのバスケットも拝見できて、とても勉強になり、刺激になった展示会でした。

2016ginzanantucketbasket

スタイリッシュなパフェ

ここ数年、パフェに興味あり。

先日、友人と等々力にあるASAKOIWAYANAGIにお出掛けしました。

3種のさくらんぼのパフェ。

宝石のような美しさで、ピスターチオのジェラートもクレームエペスも、とてもバランス良く美味しかったです。 

2016asakoiwayanagicherry

帰りに近くのAu Bon Vieux Tempsにて、お菓子数種と、シャルキュトリー数種を購入。
もう、本当に美味しいheart04 バターの使い方、生地の相性も素晴らしい。ずっと憧れのお店ですし、ずっと通いたいお店です。

プラリネ・ローズのお菓子。

リヨンと云えば、絹織物で有名な町ですが、このピンクに染まったプラリネもとても有名ですね。

私の憧れのお菓子を目指して25年前にスタートしたお菓子教室『Praline』の原型のプラリーネです。理想に近づいているかどうかは、まだまだですが、お菓子への想いは変わらない。

ここ最近、ピンクのブリオッシュにお目にかかる機会が増えたような気がします。

自由が丘のパリ・セヴェイユでの、お菓子レッスン。

お持ち帰りのブリオッシュ・ドゥ・サンジェニと、オレンジ風味のブリオッシュ。

お花のようにくるくる巻かれた生地にピンクのプラリネとピスターシュのフランジパーヌ、とても濃厚で深い美味しさがありました。

オレンジ風味のグラスアローもぱりっとしていて、ふわふわで美味しい heart04

とても美味しくて、美しいお菓子。ありがとうございました

201606parissevilleweb1_2

201606parissevilleweb2_2

枇杷、ありがとう。

枇杷、大好きな果物 heart04

埼玉のお友達から枇杷が届きました。東京駅からはとバスに乗って、日帰りで出掛けたバスツアー。お心にかけてくれて、ありがとう。
とてもフレッシュで美味しかったです。

早速いただき、また電話をして、お友だちと参加した充実したバスツアーのお話を伺いました。

私まで、一緒に旅をしているような、幸せな気分になりました。

2016junebiwaweb2

メディチ家の至宝展 東京都庭園美術館にて。

東京都庭園美術館で開催中の、『メディチ家の至宝展−ルネサンスのジュエリーと名画に出掛けました。2日続けての来訪。


フィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵されているルネッサンス期の宝石の数々と、メディチ家にまつわる肖像画がたくさん展示されていました。

いちばん印象に残ったのは、展示会のパンフレットにも掲載されている「マリア・ディ・メディチの肖像」幼さの残る顔に、まっすぐに見る目の美しさ、ビロードの質感と、襟元の薄く透けたチュール。。この王女は、17歳で世を去ったそうです。

新館から外に出ると、外廊の木漏れ日に、季節が初夏に近づいていることを感じる、心地よい日でした。

2016mediciweb1

2016mediciweb2

2016mediciweb3



2016年 6月のマドレーヌとグレース。

「元々の性格は変わらないけれど、置かれた環境で、ネコは変わる」と、主治医のことば。

本当かもしれない。
あんなにヤンチャで我慢が出来なかったマドレーヌは、グレースが来た途端に、とても我慢強くてしっかりしたネコとなりました。でも、ヤンチャさは変わらず eye sweat01

ここ1ヶ月のうちに環境は激変し、ほとんどのオモチャをグレースにとられ sweat01、ほとんどの好きな場所をグレースにとられ sweat01、ゴハンもグレースに譲るように sweat02(グレースはまだ子猫用のゴハンなので、譲ることはないのに)なり、少しずつ、追いかけっこをしたり、遊ぶようになりました soccer

2016junegraceweb1

遊びには妥協はないみたいですが sweat01sweat01

2016junegraceweb5

2016junegraceweb4

2016年 5月のグレースちゃん。

早寝早起きのグレースです。少しずつ、慣れてきましたね。

ほとんど話をしない、無口なネコですが、表情は何とも豊かです。。

2016junegraceweb1

2016junegraceweb2

2016junegraceweb3

2016年 5月のベランダ。。

陽射しがだんだん濃くなっているような5月。

大好きなトケイソウも、太陽に向かって伸びています。

ベランダには、日本ミツバチが採蜜に来ます。毎年、細々と来ているのですが、いつも痩せていて、もっとゆっくりと食べて行って、とエールを送ります。

ミツバチが好きな花は、ブラシ・フラワー。

2016passionflowerweb1

2016passionflowerweb2

2016albany_bottlebrushflowerweb1

北大路魯山人の美 三井記念美術館にて

ご無沙汰気味のブログです sweat01 2匹のネコを相手に、傷が耐えない日々ですが、何とか元気。

ブログ、ここのところ美術館記事が多いように感じます。。

印象に残った美術展のみ掲載をしており、お伺いした展示会、全てを掲載しているわけではない(ということは、結構な数、出掛けているということ?)とはいえ、かたよっており、すみません。。

近くに用があった帰り、三井記念美術館で開催中の、『北大路魯山人の美ー和食の天才ー』にお伺いしました。

「器は料理の着物」と、魯山人は云ったそうです。

風景から抜け出したような、器と大鉢。日本の自然を、器に織り込み、盛られたお料理と一体となって映えるよう、そんな風景が見えるような作品の数々でした。

2016rosanjinweb1

2016rosanjinweb2

2016rosanjinweb3

2016年 5月のグレース 遊んだあとは。。

朝からテンション高く、カーテンの先端まで上り、横に移動。。まるでサーカス。

やっとつかまえて下ろすと、今度は私の背中に登って、ベランダ越しに外を見ています。

時折風が吹く音に敏感に反応し、葉っぱが揺れるのを、首を傾げて見ています。

こうして少しずつ学習をしていくのでしょう。

実家の方から、「お転婆ですよ」と云われていました。本人は、いたって普通。

何でも興味があるみたいです heart04

2016maygraceweb1

やっとひと休みのグレース ribbon sleepy 寝顔も可愛い。。

Gracemayweb1

春のケイク。。

今年の大型連休は、ほぼ在宅です。

お時間がたくさん出来たので、助手2匹をなだめながらケイクを数種作りました。

2016maycakeweb1

2016maycakeweb2

2016maycakeweb3

2016年 5月の庭。。

大型連休、急ぎ足の数時間、実家滞在です。

先日は、土からほんの少し芽が出ていたスズランも、満開でした。

色とりどりの芍薬は母のちょっとした自慢みたい。
いつの間にか、夏が近づいているのですね。。

2016makabeflowereb1

2016makabeflowereb2

2016makabeflowereb4

2016makabeflowereb5

2016makabeflowereb6

2016makabeflowereb7

2016makabeflowereb3

«はじめまして。グレースちゃん。Vol.3